全バックナンバー掲載


「バーチャル気功空間 気の世界」 総目次


並木 克敏 編







第1章 入門編 (2001.5.5〜2001.11.30)


この章は, 気功に一寸だけ興味がある人, これから気功をやってみようかと

考えている人そして気功を始めたばかりの人などの初心者を対象として書

かれています。私自身は先天的に気的能力をもって生まれたわけでもなく,

ましてや神のご宣託を受けたわけでもありません。そんな私が現在, 気を自

由自在に操れるようになったのは, すべてトレーニングのお陰です。私も最

初はごく普通の人間でしたし, これから気功をされる方の殆どが同様だと思

われます。そこで私も気功のトレーニングを始めた頃の, 何もかもが目新し

かった初心に戻ってお話することにします。現在ではだいぶ稚拙にも思え

ますが, あの頃の新鮮な驚きや感激を, 古い日記を開きながら綴っていきた

いと思います。



   (01-01)気功世界への道程  科学的教育から不思議な世界へ
   
(01-02)立禅           すべての基本の姿勢
   (01-03)気の反応        最初の気感に驚きと満足
   
(01-04)
効能(その一)     身体的変化 唾液と発汗
   
(01-05)効能(その二)     身体的変化 頭痛と風邪
   (01-06)調身           調身は密教の手印に通じる
   (01-07)気血(その一)     気量の増大
   
(01-08)気血(その二)     気の流れ
   (01-09)経絡           気血の通り道
   
(01-10)偏差            自己流気功は病気の元
   
(01-11)気功界の裏事情(その一) 学び方教え方(1)気功のレベル差
   (01-12)気功界の裏事情(その一) 学び方教え方(2)気功のレベル差
   (01-13)気功界の裏事情(その二) 教え方学び方(1)気功の入門書とは
   (01-14)気功界の裏事情(その二) 教え方学び方(2)独学不可能なシステム
   (01-15)対談(その一)      気は人生を豊かにするパートナー
   (01-16)対談(その二)      気功は幸福を創造する技術





第2章 潜在能力の開発 (2002.1.19〜2002.6.21)
   


第一章の入門編では, 気功に対して無知な著者が, トレーニングを重ねる

中で「気」の存在を自覚し, やがて確信へと至る個人の成長過程を描いてき

ました。第二章では, さらに一歩話しを進めて, 著者が外気功を通して得ら

れた生命の奥に秘められた潜在能力や, その開発法などを主に語りたいと

思います。話しはあくまで体験を基礎に展開させていくつもりです。


    

(02-01)潜在能力とは何か   潜在能力と超能力
(02-02)立禅の効果       立つことに秘められた偉大なる生命の底力
(02-03)リラックスの効能    リラックスすることが万病の予防
(02-04)気が見える       気が見える, 色が見える
(02-05)
気功と個人差      物質と生命体
(02-05)
続・気功と個人差   物質と生命体
(02-06)気場           磁場に似た気場の形成    
(02-07)採気           無尽蔵に存在する自然から気を貰う
(02-08)気功は技術       技術故に, 磨けば誰でも落ちこぼれなし
(02-09)内気外発の体験    意外にも本人の手の平は無反応
(02-10)気は呼吸する      気を吐くツボ, 気を吸うツボ
(02-11)潜在能力の開発法1  プロとアマの違い
(02-12)潜在能力の開発法2  カリキュラムをこなせばある日, 突然能力者




第3章 内気外発(気を出す) (2002.7.26〜2002.1.15)


第三章では, 潜在能力の中でも, 特に内気外発に焦点を絞って語りいと思

います。何故に人は気で痛みが消えたり, 病気の症状が改善されたりする

のか。何故に人は気で動いてしまうのか。これを科学的に証明することは

できないし, 誰もが納得できるように論理的に説明することも現段階ではで

きません。しかし, 人が動くのは事実だし, 歯痛の痛みが消えるのも事実な

のです。そんな不思議な現象をここで語ってみたいと思います。話しはあく

までも体験を基礎に展開していくつもりです



(03-01)内気外発の能力獲得 先天的な人, 後天的な人, その中間的な人
(03-02)発功時の初期現象  何もしないのにスーパーの店員が動いてしまった
(03-03)気功治療と意識    こんなにも効果が違う 硬い心に効果なし
(03-04)気の質          軟質な気と硬質な, そしてガサガサの気
(03-05)気の色          鮮やかな五色が見えた
(03-06)気外発         君は気を出せるか    
(03-07)気の交流         気は物質として人の間を行き来する
(03-08)水晶の利用       ツボ療法として気功治療として利用可能
(03-09)気場の応用(その一) 気配は触覚で感じるもの     
(03-10)気場の応用(その二) 視覚と聴覚で殺気を感ずる
(03-11)気場の応用(その三) 宮本武蔵 剣豪は殺気を感ずる
(03-12)自己治療         五十肩を自分で治す





第4章 気と社会 (2003.2.15〜2003.11.22)

 
「バーチャル気功空間 気の世界」のメールマガジンを発行してから, 早一

年半以上の時が流れました。改めて振りかえってみると, 章を重ねる毎に「

気功オタク」の道に迷い見込んでしまったようにも見えます。気功は, 山に

こもって社会との接触を絶った仙人のごとき存在では意味をなさないように

思いますし, それと同様に, 気功を狭い仲間うちだけでの出来事にしてしま

うには, あまりに惜しいという気がします。気功は, 特殊な人間の扱う超能

力でもないし,小さな殻の中に閉じ込めるほど無力な存在でもありません。

この章では気功独自の世界からいったん出て, 気功と社会や人々の暮らし

の接点について, 再び考えてみたいと思います。
  
  


(04-01)
二極化の時代        自己責任と自助努力
(04-02)生のリアリティの喪失    人と物との関係の希薄さ
(04-03)劣化する日本人       欲望の解放から「中庸」の回復を
(04-04)人間能力の退化       蛍光灯と目の「感度」の退化 
(04-05)現代文明の一つの方向   個食化する食事文化
(04-06)今,求めらているもの     記憶力より想像力と構想力
(04-07)マスメディアの幻想(1)    事実の姿を借りた虚像
(04-08)マスメディアの幻想(2)    煽り,利用し,葬る
(04-09)身体に借金する時代     身体に貯金する世代
(04-10)文明の進歩と不幸の拡大  IT革命と過労  
(04-11)近代社会の中の孤独     社会構造に内在する必然性
(04-12)気功と予防医学        個人と国家もプラス思考




第5章 気との遭遇 その1 (2003.12.24〜2004.11.27)



「気と社会」というテーマで,約十ヶ月程「気功の世界」を外側から眺めてま

した。「気功の世界」からいったん出ることによって,「気」に対する視方が

多少,複眼的になったような気がします。この第5章からは,再び「気功の

世界」に戻って,自分の経験と体験を基礎に「気」について語っていきたい

と思います。どの気功書を見ても,気功の修行の「経験と体験」を生の声で

語ったものは皆無ですね。肉声を消して客観的に描こうとするから,どれも

これも同じような内容で,飽き飽きしてしまいます。「気」を科学している科

学者でさえ,気功師の入門書のような本を出すのですからたまりません。「

気功の世界」の内容を重複させないように,第1章の「入門編」から,第3章

の「内気外発」までを改めて読んでみると,自分で言うのも変ですが,かな

り面白いことを発見をしました。タイトルや内容を考え,文章を書いている真

っ只中にあっては,面白いかどうかなど,本人には全く分からないのです。

ある一定の時間が経ち,他人の文章のようになってから,再び読み返して

みると,これはいけるとと思えてきました。こういう文章でなければいけませ

んね。それと較べると,第4章の「気と社会」は,真面目すぎて少々面白さに

欠けているようです。反省,そして反省。第5章の「気との遭遇」からは,テ

ーマを一つに絞らないで,自由奔放にあちらこちらを行き来したいと思いま

す。あくまでも自分の気功での「経験と体験」を基にして,気と科学,気と心

,気と芸術,気と治療,気と哲学,気と自然,気と人生,気と文化などのテー

マを内側から語りたいと思います。自分の「経験と体験」を基礎としない内

容は,あまり面白くないことを知りました。



(05-01)指禅功とは(一)    千五百年の時空を超えて 追体験可能
(05-02)一指禅功とは(二)     「一指」の深い意味を知っているか?
(05-03)一指禅功とは(三)     一指禅功の「秘伝の術」とはなんぞや

(05-04)気功とヨーガ         新人(ホモ・サピエンス)の二つの環境適応
(05-05)馬歩椿の形         初心者とベテラン
(05-06)二種類の人間       外気治療の後に発する二種類の言葉
(05-07)採気とエネルギー資源   化石燃料の枯渇と再生可能なエネルギ
(05-08)気の出し過ぎ        神田の交差点で「手かざし」する青年
(05-09)隊列を組む         なぜ, 練功のとき整列するのか
(05-10)人間の究極の願望    三つの願望 西洋・東洋・日本
(05-11)気とアルコール       師匠に逆らって失敗した話
(05-12):経絡敏感人        それは日本にいた




第6章 気との遭遇 その2 (2004.12.24〜2005.12.31)


第5章の「気との遭遇」(その一)からは,テーマを一つに絞らないで,自由

奔放にあちらこちらと「気」のおもむくままに書いてきました。私にとってはこ

のスタイルが大変「気」にいりましたので, 「気との遭遇」のシリーズとして続

けたいと思います。ご拝読をよろしくお願い致します。目次は順不同です。

       

          06-01自発動功            身体の中に別の生き物が棲む 
       
(06-02)あくびの効用          副交感神経の作動ボタン           
       (06-03)練功中の反応         新人とベテラン 表層から深層へ
       (06-04)沖縄の葬祭文化        死後33年で, 祖神になる           
       (06-05)潜在能力の秘密(その1)   胎児の原点は魚から出発して進化
       (06-06)潜在能力の秘密(その2)   潜在能力の可能性
       (06-07)潜在能力の秘密(その3)   ツボが開く
       (06-08)身体が冷える          練功中に身体が冷たくなる
       
(06-09) 収功の意味          ツボを閉じる
       
(06-10) 意念について         一指禅功と意念の関係
       
(06-11)気が見える            気が見えない理由
        (06-12)マジックと気功          その共通点と相違点




第7章 一指禅功の基礎知識 その1 (2006.01.31〜)


 「バーチャル気功空間 気の世界」のメールマガジンは, 速いもので今年

の5月には創刊六年を迎えることになりました。このメールマガジンを発行

した目的は, 気功が, 特に「一指禅功」が, いかに健康維持や病気回復に効

果があるかを, 読者諸氏に知って欲しいということ, そしてさらには, 「一指

禅功」をトレーニングする過程で, 体験した数々の生命の不思議を伝えるこ

とにありました。小宇宙としての生命体は, いまだ科学的解明の途上にある

と云えます。第7章の「一指禅功の基礎知識」では, 今まで散発的に触れて

きた一指禅功についての内容を, 多少なりとも体系的にまとめてみたいと思

います。一般的な他流派の気功と比較しながら筆を進めていきます。なお,

目次の順番を予定していますが, 事情によっては変更することもありますの

でご了承ください。



 

     (07-01) 一指禅功の特徴    気功師養成のための気功
   (07-02) 一指禅功の歴史(1)  インド禅僧・達磨大師の創成
   (07-03)  一指禅功の歴史(2)  第十七代継承者・闕阿水大師の登場
   (07-04) 気功的鍛錬法(1)   気は生身の身体を介して発現
   (07-05) 気功的鍛錬法(2)   気は生身の身体を介して発現
   
(07-06) 気功的鍛錬法(3)   日常から非日常の世界へ
   
(07-07) 三調技術        一指禅功は「調身」だけの気功
   
(07-08) 馬歩椿の姿勢(1)    一指禅功の基本姿勢
  
 (07-09) 馬歩椿の姿勢(2)   練功者の身体に生まれる気感
   
(07-10) 気功の現象      身体に生まれる気の感覚, そして現象
   
(07-11) 気功の効能(1)     おおらかな気持ちで長寿を実践
   (07-12) 気功の効能(2)     相異なる心の反応 「もう」と「まだ」
   




第8章 会員からのメッセージとの対話 (2007.06.09〜)


今回から, 第8章の「一指禅功の基礎知識(2)」のテーマを, 勝手ながら「会

員からのメッセージとの対話」に変えさせていただきます。といいますのは,

一人の会員と倶楽部との間のメールのやり取りを綴った, 「一人の盲人会

員との対話」を掲載したところ, 大変な反響をいただいたからです。今まで,

「バーチャル気功道場」のホームページや, 「バーチャル気功空間 気の世

界」のメールマガジンを見ても, 実際に会員と倶楽部との間に, どのような交

流があるか分からない。ところが, 今回掲載された「一人の盲人会員との対

話」を読むと, 具体的でいわゆる, 「顔が見える」というのです。一方的な情

報の発信の限界を反省しています。

そこで今回から, 過去に送られてきた「会員からメッセージ」を中心にして,

新たに「倶楽部からの一言」を書き加えて, 「会員からのメッセージとの対話

」として掲載したいと思います。幸いなことに, 「バーチャル気功空間 気の

世界」のメールマガジンは, 創刊から六年が過ぎ, 今回で91巻となりました

。その間, 会員からの「メッセージ」と, 読者からの「質問や意見」が多数寄

せられました。それまでは, 会員や読者が主役なので, 「質問」以外は倶楽

部からの意見や感想をできるだけ控えてきました。 「会員からのメッセージ

との対話」では, 会員からのメッセージに対して, 倶楽部としてはどのように

考えているのかを, 「倶楽部からの一言」の中で述べたいと思います。

「一指禅功の基礎知識(2)」は, いずれ機会をみて再開したいと思います。な

お目次の順番を予定していますが, 事情によっては変更することもあります

のでご了承ください。



    (08-01) 盲人会員との対話(1)  特集 外気治療の真似事をするが
   
(08-02) 盲人会員との対話(2)  特集 外気導引に挑戦する
   
(08-03) 盲人会員との対話(3)  特集 外気治療に挑戦する
   
(08-04) 盲人会員との対話(4)  特集 外気治療の効果を実感する
  
 (08-05) 会員との対話(1)     不思議な現象を体験 他
   
(08-06) 会員との対話(2)     二日酔いが起こらなくなった 他
   
(08-07) 会員との対話(3)    花粉症に効きました
    
(08-08) 特集 気功の科学    ここまで分かった「気の性質」
   
(08-09) 会員との対話(4)      特集 犯人は電磁波だった
   
(08-10) 会員との対話(5)     中国の痩せ薬について 他
   
(08-11) 会員との対話(6)      特集 ある気功集団での体験(1)
  
  (08-12) 会員との対話(7)      特集 ある気功集団での体験(2)




第9章 会員からメッセージとの対話 その2 (2008.07.31〜)


第9章は, 「会員からのメッセージとの対話」のテーマを, そのまま続けさせ

ていただき, 「会員からのメッセージとの対話(2)」とします。進行次第では,

特集などを随時組み入れたいと思います。



   
(09-01) 会員との対話(08)     高知国体にトレーナーとして参加して 他
  
 (09-02) 会員との対話(09)     セックスは禁止事項ですか 他
   
(09-03) 会員との対話(10)     特集 私にもこんな気感がありました
   
(09-04) 盲人会員との対話(5)   特集 ボランティアで気功治療を始めました
   (09-05)
 会員との対話(11)      気功で遊んでは駄目ですか 他
   (09-06) 会員との対話(12)      背骨を温かいものが這い上がる 他
   
(09-07) 特集             一指禅功での独立開業について(その1)
   
(09-08) 特集             一指禅功での独立開業について(その2)
   
(09-09) 盲人会員との対話(6)   特集 針治療と気功治療を試してみました(1)
   
(09-10) 盲人会員との対話(7)   特集 針治療と気功治療を試してみました(2)
   
(09-11) 会員との対話(13)      偏差?磁場を発生させるアート 他
   
(09-12) 会員との対話(14)     外気功は素晴らしい 他





第10章 会員からのメッセージとの対話 その3 (2009.07.30〜)

第10章は, 「会員からのメッセージとの対話」のテーマを, そのまま続けさせ

ていただき, 「会員からのメッセージとの対話(3)」とします。進行次第では,

特集などを随時組み入れたいと思います。


 
        (10-01) 会員との対話(15)         自己流気功で偏差が心配 他
       
(10-02) 会員との対話(16)         内勁外発三大功法は素晴らしい 他
       (10.-03) 会員との対話(17)         遠隔気功についての疑問 他
       
(10-04) 会員との対話(18)         外気導引法がやっとできました 他
       
(10-05) 会員との対話(19)       アメリカでの気功の文化交流 他
       (10-06) 会員との対話(20)        ハンドパワーがついたみたい 他
       
(10-07) 会員との対話(21)        羅漢功は素晴らしい 他
       (10-08) 会員との対話(22)     
  気が見えるのと錯視とは違う 他
          
(10-09) 盲人会員との対話(08)     特集 患者さんの容態が私の体に移る
       (10-10) 特集 脊柱側湾症との闘い  七年間の通信教育過程を修了して
       
(10-11) 盲人会員との対話(09)     特集 水晶治療を試してみる
       
(10-12) 会員との対話(23)        自発動功についての質問 他




第11章 会員からのメッセージとの対話 その4 (2010.07.27〜)


第11章は, 「会員からのメッセージとの対話」のテーマを, そのまま続けさせ

ていただき, 「会員からのメッセージとの対話 (4]」とします。今回は, 会員の

方からいただいた長文のメッセージや, 「一指禅功日本の掲示板」に書かれ

た投稿文に「倶楽部からの一言」を加えて, 随時特集号として組み入れたい

と思います。


   (11-01) 特集 師範コースを修了して(1)  通信教育へのいくつかの不安
  (11-02) 特集 師範コースを修了して(2)   馬歩站椿功を試してみると
  
(11-03) 特集 師範コースを修了して(3)  価格と質の問題を検証する
  
(11-04) 特集 師範コースを修了して(4)  太極拳でも気感が生まれる
  
(11-05)
特集 盲人会員との対話(10)  うつ病患者との出会い
  
(11-06) 特集 リアル教室に参加して    ボールペンで勝手に手が動く
  
(11-07) 特集 「脊柱側湾症」との闘い(2)  自分の未来に希望が開かれる
  
(11-08) 特集 「バーチャル気功道場」の生い立ち(1)
  
(11-09) 臨時特集「震災地での風邪の簡単療法」
  (11-10) 臨時特集「震災者のための自己保健法」
  (11-11) 特集 2チャンネルでの誹謗中傷に反論する(1)
  (11-12) 特集 2チャンネルでの誹謗中傷に反論する(2)




第12章 会員からのメッセーとの対話 その5 (2011.6.28〜)


第12章の「会員からのメッセージとの対話 (5)」は. 2001年の創刊以来, 会

員や読者から多数の「メッセージ」や「質問や意見」が送られてきました。こ

れまでは会員や読者が主役なので, 「質問」以外は倶楽部からの意見や感

想をできるだけ控えてきました。「会員からのメッセージとの対話」シリーズ

では, 会員からのメッセージに対して, 倶楽部としてはどのように考えている

のかを, 「倶楽部からの一言」の中で答えています。また, 時節に相応しい

記事を必要に応じて随時特集号として組み入れたいと思います。会員や読

者の方々の気功の知識や, 練功の一助になれば幸いです。なお. 会員から

いただいた「メッセージ」は創刊以来, 300通を超え, 練功についての疑問や

質問は1000通余に達しています。「会員からのメッセージとの対話」シリー

ズが一段落したら, 「疑問・質問Q&A」シリーズの掲載を考えています。





              (12-01) 特集 2チャンネルでの誹謗中傷に反論する(3)
          (12-02) 特集 2チャンネルでの誹謗中傷に反論する(4)
               (12-03)  特集 2チャンネルでの誹謗中傷に反論する(5) 
               (12-04)  会員との対話(24)     小周天について 他
               (12-05)  会員との対話(25)     猫に対する外気治療 
     
       (12-06)  会員との対話(26)     外気導引法が成功しました 他
         
(12-07)  特集 一指禅功の秘術「吊手」(その1)  私の腕が勝手に動く
         
(12-08)  特集 一指禅功の秘術「吊手」(その2)  発功者と被験者の反応
         
(12-09)  特集 一指禅功の秘術「吊手」(その3)  鍛錬すれば吊手はできる
         
(12-10)  会員との対話 (27)    私だけインフルに感染しなかった 他
          (12-11)  特集 
盗作は止めましょう 盗作は犯罪です(1)
          
(12-12)  特集 盗作は止めましょう 盗作は犯罪です(2)



      第13章 会員からのメッセージとの対話 その6 (2012.07.03〜)


第13章は, 「会員からのメッセージとの対話」のテーマを, そのまま続けさせ

ていただき, 「会員からのメッセージとの対話(6)」とします。進行次第では,

特集などを随時組み入れたいと思います。


           (13-01) 特集 師範コースを修了して想うこと  七年間の練功を振り返って
       (13-02) 特集 やっと師範コースを修了しました(その1) 気を感じ気を味わう
       (13-03) 特集 やっと師範コースを修了しました(その2) 気を感じ気を味わう
       (13-04) 特集 やっと師範コースを修了しました(その3) 気を感じ気を味わう
       
(13-05) 特集 やっと師範コースを修了しました(その4) 気を感じ気を味わう
       (13-06) 特集 師範コースを修了して   奥義の功法や講義の配信に感謝
       (13-07) 特集 練功の近況報告をします(1) マイペース での遅々とした歩み
       (13-08) 特集 練功の近況報告をします(2) 
良質な一指禅の情報を安価に
       
(13-09) 特集 練功の近況報告をします(3)  「吊手」の動画を拝見しました
       
(13-10) 特集 練功の近況報告をします(4)  内気功に1年7ヶ月かかる
       (13-11) 特集 練功の近況報告をします(5)  よく笑うようになったと言われる
       (13-12) 
特集 古都・鎌倉の自然に親しむ   村田さんの鎌倉散策に参加して


       第14章 会員からのメッセージとの対話 (7) (2013.06.30〜)

第14章は, 「会員からのメッセージとの対話」のテーマを, そのまま続けさせ

ていただき, 「会員からのメッセージとの対話(7)」とします。進行次第では,

特集などを随時組み入れたいと思います。


(14-01) 会員との対話(27) 私にもできました 相手を動かす外気導引法 他
(14-02) 会員との対話(28) ギックリ腰が数秒で治る 他

(14-03) 会員との対話(29) 自発動功を試しました 他
(14-04) 会員との対話(30) 指先から真直ぐに気が出る
(14-05) 会員との対話(31) 中国気功界との関係は?
(14-06) 会員との対話(32) 気を感じました フロリダ州
(14-07) 会員との対話(33) バーチャル気功道場はありがたい 他
(14-08)
会員との対話(34) 「価格破壊ですね」 他
(14-09) 特集 師範コースを修了して想う 「朝は太極拳, 夜は一指禅」
(14-10) 特集 外気導引を体験して 「導引法は物理的な力だった

(14-11) 会員との対話(35) 生活の質が高くなった 他
(14-12) 会員との対話(36) 身体に変化が現れる 他


第15章 会員からのメッセージとの対話 (8) (2014.07.06〜)

第15章は, 「会員からのメッセージとの対話」のテーマを, そのまま続けさせ

ていただき, 「会員からのメッセージとの対話(8)」とします。進行次第では,

特集などを随時組み入れたいと思います。

(15-01) 特集 師範コースを修了して(1) 「最後にたどりついた一指禅功」 村田江里子
(15-02) 特集 師範コースを修了して(2) 「一指禅功までの道程」 村田江里子
(15-03) 特集 東京小岩リアル教室を訪ねて(その1) 実況中継します 兵庫 H.Y
(15-04) 特集 東京小岩リアル教室を訪ねて(その2) 実況中継します 兵庫 H.Y
(15-05) 特集 東京小岩リアル教室を訪ねて(その3) 実況中継します 兵庫 H.Y
(15-06) 特集 練功の近況報告をします (その1) 東京 N.Y
(15-07) 特集 練功の近況報告をします (その2) 東京 N.Y
(15-08) 特集 練功の近況報告をします (その3) 東京 N.Y
(15-09) 会員との対話(37) 金属アレギーが完治 北海道 O.S 他
(15-10)
会員との対話(38) マイペースで練功を  博多 自然体 他
(15-11) 特集 めまい、ふらつきに悩まされております(1) 東京 S.T
(15-12) 特集 めまい、ふらつきに悩まされております(2) 東京 S.T


第16章 会員からのメッセージとの対話 (9) (2015.07.02〜)

第16章は, 「会員からのメッセージとの対話」のテーマを, そのまま続けさせ

ていただき, 「会員からのメッセージとの対話(9)」とします。進行次第では,

特集などを随時組み入れたいと思います。

(16-01)  会員との対話 (39) 科学者の言葉にも有害なこともあるとは? 他
(16-02)  会員との対話 (40) 外気導引ってありなんですね  盛岡 白熊 他
(16-03)  会員との対話 (41) 私の練功日記です 漫画家 他
(16-04)  特集 リアル教室での外気指導を実践する 昭島 整体トレーナー
(16-05)  いくつかの質問をしたいと思います  東京 ゆうゆう♀
(16-06)  会員との対話 (42) 練功日記「防癌法」に入りました 静岡 T.M 他
(16-07)  特集 王瑞亭本と並木一道先生 mixiユーザー (ID:41425560)
(16-08)  会員との対話 (43) 外気治療で妻の腰痛が治った 福岡 マザール 他
(16-09)   会員との対話 (44) 練功の感覚について 千葉 侃♂ 他
(16-10)   会員との対話 (45) 気功のサークルを作る アメリカ在住 太り気味♀
(16-11)  会員との対話 (46) 頭上に人と同じ形の光が見える 大阪 MS♀ 他
(16-12)  会員との対話 (47) 闕阿水直伝の秘伝功法に感謝 福岡 マザール♂


第17章 会員からのメッセージとの対話(10) (2016.07.01〜)

第17章は, 「会員からのメッセージとの対話」のテーマを, そのまま続けさせ

ていただき, 「会員からのメッセージとの対話(10)」とします。進行次第では,

特集などを随時組み入れたいと思います。

(17-01) 特集 リアル教室の生徒さんによる治療体験(1) 東京上野 Nさん♂
(17-02) 特集 リアル教室の生徒さんによる治療体験(2) 東京上野 Nさん♂
(17-03) 特集 リアル教室の生徒さんによる治療体験(3) 東京上野 Nさん♂
(17-04) 特集 東京昭島の整体トレーナーさんの治療体験(1) 整体トレーナー
(17-05) 特集 東京昭島の整体トレーナーさんの治療体験(2) 整体トレーナー
(17-06) 会員との対話(48) 耳鳴りを改善したい 東京 麟太郎♂
(17-07) 会員との対話(49) 姿勢の修正も無料 福岡 香苗♀
(17-08) 特集 耳鳴りの症状についてのBefor & After 東京 麟太郎♂
(17-09) 
会員との対話(50) 左半身麻痺に改善の余地は 東京 飛田八郎♂
(17-10) 会員との対話(51) メニエール病が改善された 北海道 みゆき♀
(17-11) 会員との対話(52) 外気治療は効果絶大でした 富山 R.N♂
(17-12) 会員との対話(53) 目眩がおどろくほど減りました 仙台 S.K♂


第18章 会員からのメッセージとの対話 (11) (2017.07.01〜)

第18章は, 「会員からのメッセージとの対話」のテーマを, そのまま続けさせ

ていただき, 「会員からのメッセージとの対話(11)」とします。進行次第では,

特集などを随時組み入れたいと思います。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

      【バーチャル気功空間 気の世界】月1回発行


 発行元: 日本気功倶楽部
 監 修: 並木 克敏(代表)
 編 集: 藤岡 正巳 (事務局)

※「バーチャル気功空間 気の世界」に掲載された内容を無断で複写、転載、転送および

引用することを禁止いたします。記事の内容は, 著作権法で保護されています。なお、お

友達の方へ紹介の為の転送は大歓迎です。
      
   〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓







■私の気功の世界■


ネット通信教育 「一指禅功日本 バーチャル気功道場」

http://issizen.michikusa.jp/



「一指禅功日本 東京・小岩リアル気功教室」

http://katutoshinamiki.suichu-ka.com/



YouTube 「一指禅功秘術 吊手術」

https://www.youtube.com/watch?v=W5J6RmbjpQI&feature=youtu.be


Twitter 「連載 気を考える」

https://twitter.com/mikenekobusu




■私の趣味の世界■



すまい&町並み 今昔物語

「第一章東京下町風景への旅」

「第二章同潤会アパートへの旅」









トップページへ戻る