■■ 少林内勁一指禅の紹介 ■■


この流派は正式名称を「少林内勁一指禅」といいます。通称では「一指禅

功」と呼ばれています。「少林内勁一指禅」は千四百年ほど前に, あの有名

なインドの禅僧, 達磨(ダルマ)大師によって中国の少林
北寺で創設されま

した。少林寺の僧侶は, 戦闘にも参加するため, かつては軟気功(保健治

療気功)と
硬気硬(武術気功)の両者を兼備させたものでした。中国革命に

より宗教が禁止され, 廃寺されてからは
二つに分かれてしまいました。ここ

で扱うのは, 前者の軟気功(保健治療気功)です。しかし, 創設のいきさつ

から, 硬気硬(武術気功)の性格も持ち合わせています。中国から日本に

気功が紹介され始めた頃,
代表的な流派の二番目に「少林内勁一指禅」

の名がテレビニュースで取り上げられていました。中国でも「少林内勁一

指禅」をトレーニングする者は, 気功仲間のうちでも一目置かれるそうです。

気功麻酔を
最初にやった林厚省老師も, この流派に属しています。この

ように「少林内勁一指禅」は, 中国気功三
千流派を代表するその一つ流

派なのです。

 

【 闕阿水老師の登場 】


「少林内勁一指禅」は, 古くは禅院の中で人目に触れることなく, 高僧から

後継者となる
修行僧へと門外不出の秘術として受け継がれてきました。

中国革命後, 寺院は廃止され多くの高僧は還俗し, その結果門外不出の

当気功は世に広まることになりました。その中に新しい時代の「少林内勁

一指禅」を担う, 若き「闕阿水」がいました。「闕阿水」は, 貧しい民衆に無

償で外気治療を施す一方で, 黄仁忠、王瑞亭,
胡吉甫、劉茂林、姜廟桃

、張金発、蔡秋白ら二十数名の弟子たちを育てました。「闕阿水老師」は

不幸にも他界されてしまいましたが, これらの弟子や孫弟子たちによって,

中国本土だけでなく, アメリカやヨ
ーロッパをはじめ, 日本やアジアと全世

界に広まり, 今日に至っています。



【 内気功のご案内 】


一指禅功には, 健康維持と病気回復を目指した保健気功である「内気功」

と, 内気を発して相手の病気を改善する治療気功である「外気功」があり

ます。気を発する「外気功」は, 気を育てる「内気功」を基礎として, その上

に成り立っています。若い人であるならば, この手順を踏まずに意識を集

中させてることで, 内気を発することはできます。しかしながら, 気を育て

強めることもせずに, 内気を出しているばかりでは, 必ず消耗してきます。

顔に張りと艶が消え, 目に潤いと輝きが失われ, 見るからに魂の抜け殻の

ような, トロンとした表情になってしまいます。最初はどんな人でも, 気を

「育てる」ことから始めなければならないのです。


この「内気功」コースでは, 一指禅功の基本的なトレーニングを通して,

気を育み高めることを第一の目的としています。さらに, 馬歩椿を中心と

したトレーニングをしながら
, 最低限必要な気功の基礎知識を学び, 初歩

的な気の操作方法を身に付けます。「内気功」コースが終了すれば, 次

のステップの「外気功」コースが用意されています。


      

  

   内気功 八功法 目録詳細 】


内気功の場合, 通常は「一功法一ヶ月」のペースで練習し, 八ヶ月で一

回転させます。内気功だけを練習したい方は, もう一度最初の功法から

始め, これを繰り返します。もっとゆっくり進みたい方は「一功法二ヶ月」

ないしは「一功法三ヶ月」で練習することもでもでます。ご自分のペー

スに合わせて練習して下さい。

なお, 一指禅功のトレーニングは, 太極拳などと較べて楽ではありま

せんが, 健康維持や病気回復の効果には, きわめて高いものがあり

ます。気功は継続することが, なににもまして上達の近道です。馬歩

椿が辛いと感じる人は, 膝を軽く曲げるだけの腰高の姿勢で練習して

下さい。それでも辛い人は, 指定された回数を少なめにして, 練習し

て下さい。継続こそが力となります。




(01)秘伝功法第一巻  馬歩站椿功(立禅功)(その一) 

功法の紹介  内外気の交流促進により, 気の流れやすい体質に改善




一指禅功の特徴(その一)  調身・調息・調心のうち調身を重視

馬歩站椿功の気感  手や身体に温感, 発汗, 両腕に風船のごとき反応

練功上の注意事項(その一)  自己の体調と練功との関係

 

(01)秘伝功法第一巻 馬歩站椿功(その二)

起勢の紹介  馬歩椿に入る前の準備的動作

椅子式の馬歩站椿功  体力の無い人のための椅子式の練習姿勢

功上の注意事項(その二)  (@)服装 (ii)飲食物 (B)練功の仕方

 

(02)秘伝功法第二巻  双手抱球功

功法の紹介  五臓六腑の強化とその慢性疾患に効果

一指禅功の特徴(その二)  テレビや音楽を聞きながら練功も可

この功法の気感  最も気感の強い功法で, 両手の間に風船の玉ができる

講義 : 気との遭遇(その一)  自分の気を感じる「気の感得法」と発気法を紹介

練功上の注意事項(その三)  (C)生活 (D)場所

中医学理論(その一)  五行学説

 

(03)秘伝功法第三巻  双臀攬月功

功法の紹介  呼吸器系および神経系疾患の予防と治療に高い効果

慢性病防治法  功法第一巻〜第三巻を継続して練功する

この功法の気感  鼻脇の迎香穴にしびれと温感

講義 : 気との遭遇(その二)  自分の気を見る「気の観察法」, 他人にも見える

練功上の注意事項(その四)  (E)方位・位置

中医学理論(その二)  陰陽学説

 

(04)秘伝功法第四巻  扶正長寿法

功法の紹介  免疫力を高め老化を防ぎ, 長生きを実践する

講義 : 特殊な経絡刺激法  手指按動法, 一指禅功の独特の経絡の刺激法

講義 : 練功時刻  病気別時刻の選択, 時刻によって練功効果が違う

講義 : 気の反応(その一)  温熱感と寒冷感, 自分の健康度や病巣が解る

中医学理論(その三)  十二正経

 

(05)秘伝功法第五巻  滾球法

功法の紹介  慢性の腎臓病と肝臓病, 胃腸病に高い効果がある

講義 : 気との遭遇(その三)  採気法(その一)周辺の外気を身体中に採り入れる

講義 : 偏差と対処法(その一)  練功中に気分が悪くなったときの対処法を紹介

中医学理論(その四)  気血

 

(06)秘伝功法第六巻  抗老益寿法

功法の紹介  免疫力を高め老化を防止すると共に, 多くの慢性病に効果

講義 : 気との遭遇(その四)  採気法(その二) 大樹から気を採り入れる

講義 : 偏差と対処法(その二)  練功中に震えがきたときの対処法の紹介

中医学理論(その五)  臓腑(1)

 

(07)秘伝功法第七巻  防癌法(病気排除法)

功法の紹介  気功師必須の邪気排除のトレーニング法

講義 : 気の反応(その二)  八触 練功中に起こる一般的な八種の反応

講義 : 気との遭遇(その五)  相手から邪気を受けたときの病気の排除法の紹介

(気功師必須の秘伝情報)

中医学理論(その六)  六淫

 

(08)秘伝功法第八巻  三関進気法

功法の紹介  任脈と督脈の二脈を回す(小周天を回す)

外気導引法  人を動かす秘伝中の秘伝の発気法

講義 : 気の反応(その三)  善触と邪触 練功中に生じる良い反応と悪い反応

中医学理論(その七)  臓腑(2)







■私の気功の世界■


ネット通信教育 「一指禅功日本 バーチャル気功道場」

http://issizen.michikusa.jp/



「一指禅功日本 東京・小岩リアル気功教室」

http://katutoshinamiki.suichu-ka.com/



YouTube 「一指禅功秘術 吊手術」

https://www.youtube.com/watch?v=W5J6RmbjpQI&feature=youtu.be


Twitter 「連載 気を考える」

https://twitter.com/mikenekobusu




■私の趣味の世界■



すまい&町並み 今昔物語

「第一章東京下町風景への旅」

「第二章同潤会アパートへの旅」









       元に戻る