監修・解説 並木克敏

「バーチャル気功空間 気の世界」



2001.05.05 創刊 月刊発行








《 序文 》


《 中国気功の伝来 》

 気功が初めて中国から日本へ紹介されたのは, 鄧小平氏が貧しい

中国からの脱却をめざし, 社会主義体制の下での市場経済の開放

を進めていた二十数年前のことでした。中国が市場経済の中で豊か

になるためには, まず外貨を貯えることが急務でした。そのため

に, かつて国家機密でもあった気功は, 外貨稼ぎの使命を帯びて

日本に上陸したのです。中国人の気功師が最初に日本のテレビで紹

介されたのは, 面白可笑しいだけのバラエティ番組ではなく, 世

界の新しいニュースを真面目に取り上げる報道番組の中でした。気

功師が手を触れないのに, 身体が勝手に動いたり, 腕や足が自在

に上がったりと, テレビ画面に写る映像に, 私も含めて日本人は

みな唖然としてしたものです。気功師とは, 実に摩訶不思議な術

を使う仙人のようだと, 私たち日本人の常識が大きく揺らいだの

です。


《 怪しげな中国人気功師の登場 》

 これほど日本人の目を引きつける「おいしい場面」を, マス・メ

ディアは見逃すはずがありません。ところが, 一指禅功もそうな

のですが, まともな中国人気功師は, バラエティ番組などでの「

見世物」としての気功を極端に嫌います。一指禅功の伝説の気功

師・闕阿水老師は, 気で本のページをパラパラとめくるなどの人

間離れしたパフォーマンスを, 生涯で一度だけ, 愛弟子の前で演

じただけだそうです。一指禅功で鍛錬した者は, 今もその伝統を

受け継いでいます。人を欺く荒唐無稽なるものや, ありもしない

誇大宣伝とは無縁なのです。そんなわけで, 怪しげな中国人気功

師(?)の登場となるのです。マス・メディアの応じるがままに,

さかんにパフォーマンスを繰り返しました。ガラス瓶の中に入った

物体を瞬間移動させたり二つに切った名刺を元に戻したり, 蓋を

した薬瓶の底から錠剤を通過させたり, 最後には, 生きているウ

サギの肝臓の一部を素手で取り出したりと下手なマジックのやりた

い放題でした。これらの行為は, どんな強力な気的パワーの持ち

主でも不可能なことであり, 気功とはまったく関係の無いことな

のです。


《 風変わりな主張を掲げる日本人気功師 》

 気功が日本に紹介され, 怪しげな中国人気功師(?)が, 下手なマ

ジックを演じたときから, すでに二十数年が経ちました。今やあ

のパフォーマンスを, 信じるものが誰もいないので, バラエティ

番組からも姿を消しています。しかし, それに代わって昨今, 風

変わりな主張を掲げるいくつかの気功集団が, ネットの世界を俳

諧しています。それによると「鍛錬を必要とせず, 一生涯気を出

し続けることができ, そのうえ出せば出すほど強くなる」のだと

言うのです。「貴方は努力せずに, 直ぐにでも一人前の気功師に

なれる」というのが, キャッチフレーズのようです。それって,

本当なんでしょうか。常識的に考えてみると, 「一生涯気出し続

けることができるうえに, 出せば出すほど強くなる」ということ

は, 年齢を重ねるほどに生命力が旺盛になるということを意味し

ています。この文章をそのまま素直に解釈すれば, 永久に死なな

いという非常識な結論にいたります。なぜなら, 気は生命エネル

ギーそのものなのですから。そんなうまい話は, この世に存在し

ていません。中国の歴代の皇帝が, すべての権力を手に入れた後

に, 切ないほど執拗に求めたものは「不老不死」でした。皇帝の

命を受けて, 伝統的な気功医師たちは, 生命を投げ打ってまで努

力をしたにも拘わらず, 「不老不死」は実現できなかったのです



《 気功はトレーニングする以外に道はない 》


一指禅功でも数分もあれば, 貴方を外気治療のできるインスタン

ト気功師に仕立て上げることができます。しかしながら, 貴方が

気を出せる期間は限られるているうえに, 出せば出すほど気的パ

ワーは弱くなります。そして, 気を使い果たせば「ただの人」に

戻るだけです。使えば消耗するというこの気の現象は, 外気功の

先輩方が数千年の歳月をかけて明らかにしてきた「気の性質」から

くる必然の結果なのです。この「気の性質」とは, 気の科学の範

疇に入るものですから, 中国や日本を問わず, 外気功に関わる気

功師の間の常識です。もし貴方が健康を持続的に維持したいのなら

ば, あるいは,もし貴方が持続的に外気治療をしたいのならば, ど

んな流派であろうとも, 毎日淡々とトレーニングを続ける以外に

道はないのです。気功は, 努力しないで楽をして, 手軽に得られるというも

のでは決してないのです。努力する者こそが, 健康を維持し, 心の安らぎを

保ちながら, 長寿を実践することができるのです。
その第一歩は馬歩椿か

ら始まります。



■ 代表 並木克敏 ■

略歴

1945年7月東京に生まれる O型 かに座

一指禅功公認の中国人気功師に十年間師事

リアル教室で二十五年間あまりの指導経験

気功歴三十五年

東京芸術大学美術学部大学院修了

(学位 芸術学修士 修美第739号)

共立女子大学で三十数年間教壇に立つ







第19章 会員からのメッセージとの対話 (12)

最新号





   ■第19章 会員からのメッセージとの対話 (12) (2018.07.08~) ■

第19章の「会員からのメッセージとの対話 (12)」は. 2001年の創刊以来, 会

員や読者から多数の「メッセージ」や「質問や意見」が送られてきました。こ

れまでは会員や読者が主役なので, 「質問」以外は倶楽部からの意見や感

想をできるだけ控えてきました。 「会員からのメッセージとの対話」シリーズ

では, 会員からのメッセージに対して, 倶楽部としてはどのように考えている

のかを, 「倶楽部からの一言」の中で答えています。また, 時節に相応しい

記事を必要に応じて随時特集号として組み入れたいと思います。会員や読

者の方々の気功の知識や, 練功の一助になれば幸いです。なお. 会員から

いただいた「メッセージ」は創刊以来, 1600通を超え, 練功についての疑問や

質問は3500通余に達しています。「会員からのメッセージとの対話」シリー

ズが一段落したら, 「疑問・質問Q&A」シリーズの掲載を考えています。




               
                ■第19章 会員からのメッセージとの対話 (12) 目次 ■

   (19-01) 特集 新しい気功教室を始めました 東京昭島 整体師♂
   (19-02) 特集 練功の近況報告をします 岩手 T.K♂
  


89999




第19章 会員からのメーセージとの対話 (12)


(19-03) 会員からのメッセージとの対話(64)

   
『癌と戦っています』 (埼玉 光太郎♂)

2018年08月31日 (No. 223号)






 
『癌と戦っています』 (埼玉 光太郎♂)


   『 みなさん, こんにちは。私は55歳の男性です。2005年の夏に胃がんと診

   断され, 大学病院に入院して手術と抗がん剤の治療を受けました。退院後も

   定期検査に通っていますが, いつ癌細胞が再発するかとても不安でした。担

   当された医師に相談すると, バランスのよい食事, 休養と睡眠, 適度な運動

   ストレス解消などを心がけるように言われました。どれも健康にとって常識

   的なことで, つまるところは運を天にまかせるようなものです。私としては

   もっと積極的に, 癌細胞と戦いのです。気功の本などを読んでいると, 気功

   を練習すると免疫力が強くなって,癌に打つ勝てる身体になるとありました。

   そこで思い切って, バーチャル道場に入会しました。病弱のためか, 馬歩椿

   の姿勢は決して楽とはいえませんが, 少しずつ時間を延ばして練習をしてき

   ました。練習を重ねているうちに, だんだん身体の内側が活性化し, 心身と

   もに充実してきているように感じました。

   発病してからもうじき4年目になります。先日定期検診を受けてきましたが

   再発の兆候は見当たらないと, 先生に太鼓判を押してもらっています。あり

   がたいことです。病気をしてしまうと, 健康のありがたみが身にしみます。

   練功を続けていると, 身体の中から生気がみなぎってくるようで, 癌には負

   けない気がしてきます。 これからも気功で自然治癒力を高めたいと思いま

   す。本当に健康は大切ですね。5年が一つの区切りとなるので, これからも

   頑張りたいと思います 』


  
 ※日本倶楽部から一言 : 「生命が躍動している一瞬を感覚できます」

   「練習を重ねているうちに, だんだん身体の内側が活性化し, 心身ともに充

   実してきているように感じました」との体験を, 埼玉の光太郎が語っていま

   すが, この感覚は気功の未経験者にはピンとこないでしょうね。充実してい

   るような「感じ」なのではなく, 充実している「実感」があるのです。日常

   生活では決して味わうことのできない, 生命が躍動している感覚なのです。

   ちなみに, 埼玉の光太郎さんからは, このメッセージの2年後に, 癌の再発

   は見られないとの報告をいただきました。



 
『本当にパワーがつく感じがします』(神奈川県 E☆K♀)


   『お世話になっております。

   いつも楽しく練功させていただいております。本当にパワーがつく感じがし

   て、これからも楽しみです。現在、気功やヨガ、太極拳を合わせた講座の講

   師をさせていただいているのですが、毎日30分の一指禅功のトレーニングを

   通じしっかりと力がついているという実感が湧いてきて、以前よりも自信を

   もって指導させていただけるようになりました。素晴らしい内容の講座を、

   自宅で勉強できるような形で配信していただき、心より感謝しております。

   引き続き、外気功初級10ヶ月フルコースに申し込みをさせていただきたいと

   思います。どうぞよろしくお願いいたします。』


※日本倶楽部から一言:「確実に気的パワーが強くなる」

   一指禅功は, あまり楽とは云えない気功ですが, 練習を続けると確実に気

   的パワーが強くなります。はるか昔の話ですが, 太極拳を練習しているあ

   る女性が, 一指禅功を練習するようになってから, 気の感覚が分かるよう

   になったと言っていました。一指禅功は, 気的パワーが強まるだけでなく,

   気的感覚も鋭敏になります。



『老人ホームに勤めています』(M.B♂)


   「お世話になっております。改めまして受講を申し込ませて頂きたいと思い

   ます。自分は老人ホームに勤めています。実際に亡くなりつつあるお年寄り

   に対して何かしたいということが気功への興味です。本格的に人を治すとこ

   ろまで習得したいと考えていますが・・・どうでしょうか???」


※日本倶楽部から一言:「お年寄りには「培元法」が有効です」


   人によって何事にも得て不得手がありますが, 気功は「継続こそ力」ですの

   で, 淡々と練習に励んでもらいたいと願います。年齢を重ねる毎に, 内なる

   気は弱まっていくので, 「培元法」を用いて気を補ってやれば, お年寄りの

   皆さんに喜ばれることでしょう。「培元法」は, 外気功初級の修了レベルで

   マスターできます。



** *********************************

■ 会員からのメッセージ ■
 2018.08.31



 
『両手の間にゴム風船のような感覚がある』 (埼玉 S.H♂)


  並木先生おはようございます。返信ありがとうございます。太極拳のボ

   ールは‎教室内でのみの事かしこまりました。また満員電車の中の練功は,

   将来上級編を学んでから励みたいと存じます。御指導ありがとうございま

   す。お送りいただいたテキストの指の梯形を意識して週末、馬歩站椿をい

   たしましたら、15分〜20分を超えたあたりから足も辛くなってきたのです

   が、手腕の間にゴム風船のような弾力感の様な圧力を感じられました。大

   変不思議な感覚でしたが、この様なことが普通に体験できることが驚きで

   す。ちょうどテレビでスターウォーズの映画をやってたので見ながら練功

   してました。劇中でフォースという言葉がでてきましたが、気からインス

   パイアされたかの様な印象を受けました。


※日本倶楽部から一言:「気をもて遊ぶと偏差の原因になります」

   埼玉のS.HさんはCD会員ですが, 近所の教室でも太極拳を習っていると

   のことです。その教室で両手を向かい合わせにして, 太極拳のボールを

  作る練習をしているそうですが, 気をもて遊ぶのはほどほどにしてと, アド

  バイスした次第です。気感というのは, 練習の副産物であって, あえて求

  めるものではないからです。そんな気の遊びばかりをしていると, 収拾が

  つかなくなり, 偏差にもなりかねません。気功の未経験者は, 入門書など

  を参考にして, 気のボール作りの真似事などやらないことです。あの種の

記事はとても罪作りなのです。




〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【バーチャル気功空間 気の世界】月刊



発行元: 日本気功倶楽部

監 修 並木克敏 (天地 一道)

編 集: 藤岡 正巳 (事務局)


※「バーチャル気功空間 気の世界」に掲載された内容を無断で

複写、転載、転送および引用することを禁止いたします。なお、お

友達の方へ紹介の為の転送は大歓迎です。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

       

     




■私の気功の世界■


ネット通信教育 「一指禅功日本 バーチャル気功道場」

http://issizen.michikusa.jp/



「一指禅功日本 東京・小岩リアル気功教室」

http://katutoshinamiki.suichu-ka.com/



YouTube 「一指禅功秘術 吊手術」

https://www.youtube.com/watch?v=W5J6RmbjpQI&feature=youtu.be


Twitter 「連載 気を考える」

https://twitter.com/mikenekobusu




■私の趣味の世界■



懐かしい 「昭和の住宅」 今昔物語

「第一章東京下町風景への旅」

「第二章同潤会アパートへの旅」






トップページへ戻る