監修・解説 並木克敏

「バーチャル気功空間 気の世界」



2001.05.05 創刊 月刊発行








《 序文 》


《 中国気功の伝来 》

 気功が初めて中国から日本へ紹介されたのは, 鄧小平氏が貧しい

中国からの脱却をめざし, 社会主義体制の下での市場経済の開放

を進めていた二十数年前のことでした。中国が市場経済の中で豊か

になるためには, まず外貨を貯えることが急務でした。そのため

に, かつて国家機密でもあった気功は, 外貨稼ぎの使命を帯びて

日本に上陸したのです。中国人の気功師が最初に日本のテレビで紹

介されたのは, 面白可笑しいだけのバラエティ番組ではなく, 世

界の新しいニュースを真面目に取り上げる報道番組の中でした。気

功師が手を触れないのに, 身体が勝手に動いたり, 腕や足が自在

に上がったりと, テレビ画面に写る映像に, 私も含めて日本人は

みな唖然としてしたものです。気功師とは, 実に摩訶不思議な術

を使う仙人のようだと, 私たち日本人の常識が大きく揺らいだの

です。


《 怪しげな中国人気功師の登場 》

 これほど日本人の目を引きつける「おいしい場面」を, マス・メ

ディアは見逃すはずがありません。ところが, 一指禅功もそうな

のですが, まともな中国人気功師は, バラエティ番組などでの「

見世物」としての気功を極端に嫌います。一指禅功の伝説の気功

師・闕阿水老師は, 気で本のページをパラパラとめくるなどの人

間離れしたパフォーマンスを, 生涯で一度だけ, 愛弟子の前で演

じただけだそうです。一指禅功で鍛錬した者は, 今もその伝統を

受け継いでいます。人を欺く荒唐無稽なるものや, ありもしない

誇大宣伝とは無縁なのです。そんなわけで, 怪しげな中国人気功

師(?)の登場となるのです。マス・メディアの応じるがままに,

さかんにパフォーマンスを繰り返しました。ガラス瓶の中に入った

物体を瞬間移動させたり二つに切った名刺を元に戻したり, 蓋を

した薬瓶の底から錠剤を通過させたり, 最後には, 生きているウ

サギの肝臓の一部を素手で取り出したりと下手なマジックのやりた

い放題でした。これらの行為は, どんな強力な気的パワーの持ち

主でも不可能なことであり, 気功とはまったく関係の無いことな

のです。


《 風変わりな主張を掲げる日本人気功師 》

 気功が日本に紹介され, 怪しげな中国人気功師(?)が, 下手なマ

ジックを演じたときから, すでに二十数年が経ちました。今やあ

のパフォーマンスを, 信じるものが誰もいないので, バラエティ

番組からも姿を消しています。しかし, それに代わって昨今, 風

変わりな主張を掲げるいくつかの気功集団が, ネットの世界を俳

諧しています。それによると「鍛錬を必要とせず, 一生涯気を出

し続けることができ, そのうえ出せば出すほど強くなる」のだと

言うのです。「貴方は努力せずに, 直ぐにでも一人前の気功師に

なれる」というのが, キャッチフレーズのようです。それって,

本当なんでしょうか。常識的に考えてみると, 「一生涯気出し続

けることができるうえに, 出せば出すほど強くなる」ということ

は, 年齢を重ねるほどに生命力が旺盛になるということを意味し

ています。この文章をそのまま素直に解釈すれば, 永久に死なな

いという非常識な結論にいたります。なぜなら, 気は生命エネル

ギーそのものなのですから。そんなうまい話は, この世に存在し

ていません。中国の歴代の皇帝が, すべての権力を手に入れた後

に, 切ないほど執拗に求めたものは「不老不死」でした。皇帝の

命を受けて, 伝統的な気功医師たちは, 生命を投げ打ってまで努

力をしたにも拘わらず, 「不老不死」は実現できなかったのです



《 気功はトレーニングする以外に道はない 》


一指禅功でも数分もあれば, 貴方を外気治療のできるインスタン

ト気功師に仕立て上げることができます。しかしながら, 貴方が

気を出せる期間は限られるているうえに, 出せば出すほど気的パ

ワーは弱くなります。そして, 気を使い果たせば「ただの人」に

戻るだけです。使えば消耗するというこの気の現象は, 外気功の

先輩方が数千年の歳月をかけて明らかにしてきた「気の性質」から

くる必然の結果なのです。この「気の性質」とは, 気の科学の範

疇に入るものですから, 中国や日本を問わず, 外気功に関わる気

功師の間の常識です。もし貴方が健康を持続的に維持したいのなら

ば, あるいは,もし貴方が持続的に外気治療をしたいのならば, ど

んな流派であろうとも, 毎日淡々とトレーニングを続ける以外に

道はないのです。気功は, 努力しないで楽をして, 手軽に得られるというも

のでは決してないのです。努力する者こそが, 健康を維持し, 心の安らぎを

保ちながら, 長寿を実践することができるのです。
その第一歩は馬歩椿か

ら始まります。



■ 代表 並木克敏 ■

略歴

1945年7月東京に生まれる O型 かに座

一指禅功公認の中国人気功師に十年間師事

リアル教室で二十年間あまりの指導経験

気功歴三十年

東京芸術大学美術学部大学院修了

(学位 芸術学修士 修美第739号)

共立女子大学で三十数年間教壇に立つ







第18章 会員からのメッセージとの対話 (11)

最新号





   ■第18章 会員からのメッセージとの対話 (11) (2017.07.01~) ■

第18章の「会員からのメッセージとの対話 (11)」は. 2001年の創刊以来, 会

員や読者から多数の「メッセージ」や「質問や意見」が送られてきました。こ

れまでは会員や読者が主役なので, 「質問」以外は倶楽部からの意見や感

想をできるだけ控えてきました。 「会員からのメッセージとの対話」シリーズ

では, 会員からのメッセージに対して, 倶楽部としてはどのように考えている

のかを, 「倶楽部からの一言」の中で答えています。また, 時節に相応しい

記事を必要に応じて随時特集号として組み入れたいと思います。会員や読

者の方々の気功の知識や, 練功の一助になれば幸いです。なお. 会員から

いただいた「メッセージ」は創刊以来, 1300通を超え, 練功についての疑問や

質問は3000通余に達しています。「会員からのメッセージとの対話」シリー

ズが一段落したら, 「疑問・質問Q&A」シリーズの掲載を考えています。



               
                ■第18章 会員からのメッセージとの対話 (11) 目次 ■

   (18-01)  特集 顔が発光している 人間って発光するのですね 栃木 青雲
  

 




第17章 会員からのメッセージとの対話 (10)

(18-01) 特集 顔が発光している

『人間って発光するのですね』 栃木 青雲

2017年07月01日 (No. 209号)






『頭上と足元に謎の光が出現』


   『大変お世話になっております。入会させていただいてから、丁度一ヶ月に

なります。途中、じんましんが出て、お騒がせいたしましたが、原因はフキ

   ノトウのアレルギー反応とわかりました。今までにもフキノトウを食べてい

   て、大丈夫だったと思うのですが、これも体が敏感になっているせいなのか

   もしれません。

   この一ヶ月間に起こった不思議なことが一つありますので、ご連絡いたしま

   す。丁度2週間くらいたったとき、かなり薄暗い部屋で、立禅してしばらく

   すると、足元が明るくなっているのです。しばらくすると、頭上も明るく感

   じました。青白い光が顔にあたっている感じで、ゆらゆらとゆれます。この

   とき、心がとても静かになります。「頭上のライトに敏感になって目がぼや

   けて、そう感じるんだろう」と思いました。しかし、頭上にライトがない部

   屋でやっても、頭上からの光が感じられます。頭上の光源を確認しようと、

   上を見ると光は消えてしまいます。顔をゆっくり上げ下げすると、足元の明

   るさも移動するので、目の錯覚だろうと、思いました。つまり、「目の下と

   上端に何らかの異常があって、光っているように感じるだけ。」 だと、理

   屈をつけました。霊的な光が輝きはじめた!とすぐ喜べるほど、素直ではな

   いんです。いろんなことをやりながら考えてみましたが、原因がわかりませ

   ん。あまりこういった現象にとらわれたり、追い求めることはいけないこと

   ・・・というのはもちろんわかっているのですが、この現象が面白くて、練

   功がおもしろくなりましたので、「練功に飽きてしまって、気功をやめるよ

   りはいいだろう」と、もう少し楽しむことにしました。原因がわからないの

   で、1週間ほどそのままにしていました。やはり、毎回、練功の時に光って

   います。練功をスタートして2,3分で見えます。つまり、それほど心も集

   中していない段階で見えます。相当薄暗くないと、この光は見えないので、

   もしかして、最初から見えていたのかもしれません。



「青白い光の正体が分かる」


   昨夜のことです。「そうだ、鏡を使ってみよう!」と思い立ちました。もし

   頭上や足元に未知の光源(空間に光の玉など)ができているのならば、鏡に

   映るだろうと思ったのです。上半身が写るような鏡を持ってきて、やってみ

   ると。いつものように足元がまず明るく淡いスポットライトにあてられたよ

   うに光りだしました。鏡をじっと見てみると、「顔が光っています」。丁度

   夜光虫がぼんやり発光しているようです。青白い光が顔を覆ってちらちらし

   ています。ちょっと気味が悪い感じですが。たしかに薄いちらちらする光が

   感じられます。薄目で見たりしないで、目をしっかり開いてももちろん見え

   ます。これで納得がいきました。足元が光っているのは、目で下を見たとき

   に、顔(頬の上など)の光を通して足元を見ていたからでした。頭上の光は

   顔の(おでこの)光を通して見ているから、上から光が来ているように感じ

   られていたのです。



「人間って発光するのですね」


   これでやっと光の正体がわかりました。しかし、人間って、発光するのです

   ね。これが気とか、オーラと呼ばれているものなのかなあ、と思いました。

   違うかもしれませんが。最初はオーラを見ようと手をじっと見たりしていた

   のですが、”目のぼやけ”、とか”残像”とかと区別が全くつかず、オーラ

   は見えない!ほっとこと思っていたのです。この顔の発光現象を確認してか

   ら、手を改めて見てみると、同じように発光しているようです。白いシャツ

   の袖口からも光が手の方にでてきているので、体全体が発光しているのかも

   しれません。まだ、そこまで確認できていません。手の発光よりも顔の発光

   が、すぐにわかりました。手の方は、手自体は暗く、そのまわりに明るい輝

   きが感じられます。練功を続けて発光が強くなるのかどうか、楽しみです』


※日本倶楽部から一言:「人間の身体は光を放っています」

   「青雲さんの云われるとおり, 人間の身体は光を放っています。気功の世界

   では, これを生物光と呼んでいます。外気功コースにある「仏光功」を練功

   すると, 頭や肩の周囲に生物光が現れ, すべてと云うわけではありませんが

   多くの人の目で確認することができます。ただ青雲さんのように, 馬歩椿を

   二週間練習しただけで, こんなにもくっきりと身体の発光を見られるのは,

   きわめて稀なことです。特異体質の持ち主かと思います」



** *********************************

■ 会員からのメッセージ ■
 2017.07.01


『夏バテ防止のために気功六陰経功を練習します』 (群馬 鳴き蛙♀)


   『今年もまた暑すぎる夏が訪れようとしています。ここ群馬では毎年関東

   地方での最高気温を記録しています。私は群馬で生まれ育ったのですが,

   どうしてもこの暑さには慣れない体質のようです。身体がだるくて重くて

   食欲が湧かないのです。先々月, 夏バテ防止に効果的とある「気功六陰経

   功」が配信されてきたので, 梅雨明けには試したいと思います。結果が楽

   しみです』




〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【バーチャル気功空間 気の世界】月刊



発行元: 日本気功倶楽部

監 修 並木克敏 (天地 一道)

編 集: 藤岡 正巳 (事務局)


※「バーチャル気功空間 気の世界」に掲載された内容を無断で

複写、転載、転送および引用することを禁止いたします。なお、お

友達の方へ紹介の為の転送は大歓迎です。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

       

     




■私の気功の世界■


ネット通信教育 「一指禅功日本 バーチャル気功道場」

http://issizen.michikusa.jp/



「一指禅功日本 東京・小岩リアル気功教室」

http://katutoshinamiki.suichu-ka.com/



YouTube 「一指禅功秘術 吊手術」

https://www.youtube.com/watch?v=W5J6RmbjpQI&feature=youtu.be


Twitter 「連載 気を考える」

https://twitter.com/mikenekobusu




■私の趣味の世界■



すまい&町並み 今昔物語

「第一章東京下町風景への旅」

「第二章同潤会アパートへの旅」






トップページへ戻る