監修・解説 並木克敏

「バーチャル気功空間 気の世界」



2001.05.05 創刊 月刊発行








《 序文 》


《 中国気功の伝来 》

 気功が初めて中国から日本へ紹介されたのは, 鄧小平氏が貧しい

中国からの脱却をめざし, 社会主義体制の下での市場経済の開放

を進めていた二十数年前のことでした。中国が市場経済の中で豊か

になるためには, まず外貨を貯えることが急務でした。そのため

に, かつて国家機密でもあった気功は, 外貨稼ぎの使命を帯びて

日本に上陸したのです。中国人の気功師が最初に日本のテレビで紹

介されたのは, 面白可笑しいだけのバラエティ番組ではなく, 世

界の新しいニュースを真面目に取り上げる報道番組の中でした。気

功師が手を触れないのに, 身体が勝手に動いたり, 腕や足が自在

に上がったりと, テレビ画面に写る映像に, 私も含めて日本人は

みな唖然としてしたものです。気功師とは, 実に摩訶不思議な術

を使う仙人のようだと, 私たち日本人の常識が大きく揺らいだの

です。


《 怪しげな中国人気功師の登場 》

 これほど日本人の目を引きつける「おいしい場面」を, マス・メ

ディアは見逃すはずがありません。ところが, 一指禅功もそうな

のですが, まともな中国人気功師は, バラエティ番組などでの「

見世物」としての気功を極端に嫌います。一指禅功の伝説の気功

師・闕阿水老師は, 気で本のページをパラパラとめくるなどの人

間離れしたパフォーマンスを, 生涯で一度だけ, 愛弟子の前で演

じただけだそうです。一指禅功で鍛錬した者は, 今もその伝統を

受け継いでいます。人を欺く荒唐無稽なるものや, ありもしない

誇大宣伝とは無縁なのです。そんなわけで, 怪しげな中国人気功

師(?)の登場となるのです。マス・メディアの応じるがままに,

さかんにパフォーマンスを繰り返しました。ガラス瓶の中に入った

物体を瞬間移動させたり二つに切った名刺を元に戻したり, 蓋を

した薬瓶の底から錠剤を通過させたり, 最後には, 生きているウ

サギの肝臓の一部を素手で取り出したりと下手なマジックのやりた

い放題でした。これらの行為は, どんな強力な気的パワーの持ち

主でも不可能なことであり, 気功とはまったく関係の無いことな

のです。


《 風変わりな主張を掲げる日本人気功師 》

 気功が日本に紹介され, 怪しげな中国人気功師(?)が, 下手なマ

ジックを演じたときから, すでに二十数年が経ちました。今やあ

のパフォーマンスを, 信じるものが誰もいないので, バラエティ

番組からも姿を消しています。しかし, それに代わって昨今, 風

変わりな主張を掲げるいくつかの気功集団が, ネットの世界を俳

諧しています。それによると「鍛錬を必要とせず, 一生涯気を出

し続けることができ, そのうえ出せば出すほど強くなる」のだと

言うのです。「貴方は努力せずに, 直ぐにでも一人前の気功師に

なれる」というのが, キャッチフレーズのようです。それって,

本当なんでしょうか。常識的に考えてみると, 「一生涯気出し続

けることができるうえに, 出せば出すほど強くなる」ということ

は, 年齢を重ねるほどに生命力が旺盛になるということを意味し

ています。この文章をそのまま素直に解釈すれば, 永久に死なな

いという非常識な結論にいたります。なぜなら, 気は生命エネル

ギーそのものなのですから。そんなうまい話は, この世に存在し

ていません。中国の歴代の皇帝が, すべての権力を手に入れた後

に, 切ないほど執拗に求めたものは「不老不死」でした。皇帝の

命を受けて, 伝統的な気功医師たちは, 生命を投げ打ってまで努

力をしたにも拘わらず, 「不老不死」は実現できなかったのです



《 気功はトレーニングする以外に道はない 》


一指禅功でも数分もあれば, 貴方を外気治療のできるインスタン

ト気功師に仕立て上げることができます。しかしながら, 貴方が

気を出せる期間は限られるているうえに, 出せば出すほど気的パ

ワーは弱くなります。そして, 気を使い果たせば「ただの人」に

戻るだけです。使えば消耗するというこの気の現象は, 外気功の

先輩方が数千年の歳月をかけて明らかにしてきた「気の性質」から

くる必然の結果なのです。この「気の性質」とは, 気の科学の範

疇に入るものですから, 中国や日本を問わず, 外気功に関わる気

功師の間の常識です。もし貴方が健康を持続的に維持したいのなら

ば, あるいは,もし貴方が持続的に外気治療をしたいのならば, ど

んな流派であろうとも, 毎日淡々とトレーニングを続ける以外に

道はないのです。気功は, 努力しないで楽をして, 手軽に得られるというも

のでは決してないのです。努力する者こそが, 健康を維持し, 心の安らぎを

保ちながら, 長寿を実践することができるのです。
その第一歩は馬歩椿か

ら始まります。



■ 代表 並木克敏 ■

略歴

1945年7月東京に生まれる O型 かに座

一指禅功公認の中国人気功師に十年間師事

リアル教室で二十年間あまりの指導経験

気功歴三十年

東京芸術大学美術学部大学院修了

(学位 芸術学修士 修美第739号)

共立女子大学で三十数年間教壇に立つ







第18章 会員からのメッセージとの対話 (11)

最新号





   ■第18章 会員からのメッセージとの対話 (11) (2017.07.01~) ■

第18章の「会員からのメッセージとの対話 (11)」は. 2001年の創刊以来, 会

員や読者から多数の「メッセージ」や「質問や意見」が送られてきました。こ

れまでは会員や読者が主役なので, 「質問」以外は倶楽部からの意見や感

想をできるだけ控えてきました。 「会員からのメッセージとの対話」シリーズ

では, 会員からのメッセージに対して, 倶楽部としてはどのように考えている

のかを, 「倶楽部からの一言」の中で答えています。また, 時節に相応しい

記事を必要に応じて随時特集号として組み入れたいと思います。会員や読

者の方々の気功の知識や, 練功の一助になれば幸いです。なお. 会員から

いただいた「メッセージ」は創刊以来, 1300通を超え, 練功についての疑問や

質問は3000通余に達しています。「会員からのメッセージとの対話」シリー

ズが一段落したら, 「疑問・質問Q&A」シリーズの掲載を考えています。




               
                ■第18章 会員からのメッセージとの対話 (11) 目次 ■

   (18-01) 特集 顔が発光している 人間って発光するのですね 栃木 青雲
   (18-02) 会員との対話(54) 不思議な現象を体験する 愛知 MT♂
   (18-03) 会員との対話(55) 空手20人組手も楽に通過 山形 O.S♂
   (18-04) 会員との対話(56) 
耳鳴りの頻度が確実に低下 東京 麟太郎♂
   (18-05) 会員との対話(57) 経絡や経穴に従った外気治療が重要 COSMIC♂
   (18-06) 会員との対話(58) 
胃癌 担当医師から気功を勧められる クラバー邸♂
   (18-07) 会員との対話(59) 元気が実感できます 滋賀 YNさん♀
   (18-08) 会員との対話(60) 功法ごとに反応が違う 新潟 dandy♂
   (18-09) 特集 並木流少林内勁一指禅の進め方に感服 東京昭島 整体師♂




第18章 会員からのメッセージとの対話 (11)

(18-10) 会員からのメッセージとの対話(61)
  
『マイペースで続けています』(愛媛 72歳の若年寄り♂)

2018年03月30日 (No. 218号)






 『マイペースで続けています』(愛媛 72歳の若年寄り♂)


   『気功を始めてから三ヶ月が経ちました。私は若くはないので, テキスト

   にあるような馬歩椿の姿勢をとると, かなりきつく感じます。私が気功を

   やる目的は, 潜在能力を得るよりも, 健康で長生きしたいからです。一生

   続けたいので無理をしないように, 膝を軽く曲げる程度の馬歩椿で練習し

   ています。1セットの回数もできるだけ少なくして, ときには馬歩椿だけ

   で終わることもあります。それでも効果はあります。よく眠れるようにな

   ったこと, 食事がおいしくなったことです。家族からは「年寄りの冷や水」

   と言われていますが, 雑音は無視することにして, マイペースで続けた

   と思います』


□倶楽部より一言 : 「私,並木も72歳です」

   「私, 並木も愛媛の若年寄りさんと同じ72歳になりました。趣味と健康と

   実益のために, 自然の中で暖かい太陽を浴びながら, 庭木の剪定の仕事も

   しています。昔を振り返ってみると, 気功をやり始めた40歳代の頃よりも,

   元気な自分を実感できます。70歳を過ぎた頃から, 周囲の友人たちが急に

   老け込むようになりましたが, 気功の練習を長年続けたお陰で, 気力と体

   力共に現状維持できています。練功の真価というものは, 70歳過ぎてから

   現われるようです。もしかすると, 潜在能力を開花させるより, 人間にと

   っては偉大なことかも知れません」



『内気功を復習すると』 (山形 鍼灸師♂)


   『山形のO.Sです。いつもありがとうございます。

   外気功初級も終わりに近づき、毎日の練功も習慣づいてどんどん気が強く

   なるのを実感しています。しかし内気功を始めたころほどの大きな変化が

   感じられなくちょっと寂しい気もしていたのですが, ある日気功のテキス

   トを見直しついでに最初のほうから一つ一つやってみると, その功法をや

   っていた頃とは全く違う強い気感を感じる事ができ、大変驚きました。外

   気功の練功とあわせてやっていきたいと思いました』


□倶楽部より一言 : 「双手抱球法は一年毎に反応が違います」

   「気感というのは不思議なもので, 同じ場所で同じ時間に同じ功法をやっ

   ても, 個々人それぞれ感じ方が違いますし, 同じ功法を一年後に練功する

   と, また気感は違うものになっています。特に, 内気功第二巻の双手抱球

   法は, 一年後, 二年後, そして三年後では, それぞれ気感がまるで違いま

   す。メール会員の方は, 双手抱球法を試してみてはどうでしょうか」



   
『虚症の外気治療を試す』(大分 素人♂)


   『外気功の初級が終わりこの機会にと, 妻に虚症の外気治療を試してみまし

   た。妻には疲れやすいとか, 風邪を引きやすいとかの虚弱的な体質がありま

   す。背中から気を送ると, 最初は腰のところが温かくなり, だんだん温かい

   感覚が背中に広がってきたと言います。お風呂に入っているいるような感じ

   だそうです。二日おきに虚症の外気治療を施したところ, 半月ほどで疲れや

   すさがとれたとのことです。気功というのは不思議ですが, 私にもできるの

   だという自信がついてきました』


□倶楽部より一言 : 「虚症の施術は簡単にできます」

   「素人さんが行った虚症の施術は, 虚弱体質の人だけではなく, 体力の衰え

   た老人の方や, 手術後の患者の体力回復にも効果があります。応用範囲が広

   いことと, 意外と簡単に結果が現われるので, 外気功初級コースを修了した

   会員の方は, 是非とも試して下さい。相手に喜ばれるだけでなく, 素人さん

   が言われるように, 私にもできるのだという自信がつきますよ」



** *********************************

■ 会員からのメッセージ ■
 2018.03.30


『リアル教室に参加 禅定印』(横浜 N.Y♂)



   『本日は、リアル教室に参加させていただき、どうもありがとうございまし

   た。大変貴重な禅定印という功法をじっくりと教えていただき、感謝してお

   ります(早速、日常の練功に取り入れさせていただきます)。またリアル教室

   に参加させていただくことがあると思いますが、その折にはどうぞよろしく

   お願い致します』



『馬歩(まーぶー)って昔知らずにやっていた』(東北某県 HN)


『20年くらい前、吉宮照詞という気功の先生の教室に半年くらい通ってた

ことがあります。20世紀の気功の本ではそこそこに載ってた人だったようで

   す。そこは練功18式という太極拳の親戚みたいなのがメインなんですが、

   馬歩(まーぶー)という名の「えらくきつい静止ポーズ」を必ず行ってまし

   た。いまから見ると、あれって「站椿」そのものでした。先生はニコニコし

   て「とりあえずやりなさい」しか言わないので、当時はそれがどのようなも

   のかはわかりませんでした。実はこんな妙味があるものだとはとは思わなん

だです』




〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【バーチャル気功空間 気の世界】月刊



発行元: 日本気功倶楽部

監 修 並木克敏 (天地 一道)

編 集: 藤岡 正巳 (事務局)


※「バーチャル気功空間 気の世界」に掲載された内容を無断で

複写、転載、転送および引用することを禁止いたします。なお、お

友達の方へ紹介の為の転送は大歓迎です。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

       

     




■私の気功の世界■


ネット通信教育 「一指禅功日本 バーチャル気功道場」

http://issizen.michikusa.jp/



「一指禅功日本 東京・小岩リアル気功教室」

http://katutoshinamiki.suichu-ka.com/



YouTube 「一指禅功秘術 吊手術」

https://www.youtube.com/watch?v=W5J6RmbjpQI&feature=youtu.be


Twitter 「連載 気を考える」

https://twitter.com/mikenekobusu




■私の趣味の世界■



懐かしい 「昭和の住宅」 今昔物語

「第一章東京下町風景への旅」

「第二章同潤会アパートへの旅」






トップページへ戻る